バランスが重要なおもりのJCSS校正のメリット

おもり JCSS
正確な重さのおもりはJCSSの校正がおすすめです。メリットも多く、信頼という意味でもっとも説得力のあるやり取りができます。例えば、商品を取引先から仕入れる際、その商品の 重さで金額か変わるとします。取引先との信頼関係から、なんの心配がなかったとしても、その商品を第三者に売り払うという場合、第三者からすると本当にその商品の量はあっているのか信憑性がありません。そこでJCSSのおもりを使用すると、校正証明書というものが発行されるほど、確立されたものなので取引に影響がありません。もし何か不備があった場合にも、再び調べる必要がないほどのものです。また、JCSSは海外でも共通なので、貿易関係の仕事でも利用できます。仕事の幅が大きく広がると思います。品質管理にも大きな利点になり、有効活用できるのがメリットです。

そもそもJCSSとはどういうものなのか

JCSSとは計量法トレーサビリティシステム制度を表す英語の略称です。登録事業者だけが利用できるロゴマークです。商品の包装などの裏に誰しも見たことがあるのではないでしょうか。おもりや圧力、温度計などでそれぞれの軽量基準を決め、日本国内だけでなく国際的に利用できます。おもりの軽量では図る重さによっても変わりますが4千円から5万円ほどかかりますが、登録することで校正サービスを受けられます。認定証を取得することでさまざまな取引での信頼性が高くなるというメリットがあります。JCSSの分銅はJCSSの校正証明書のついたおもりのことを言います。協定質量と不確かさが明記されているもので真の値の範囲がはっきりと明記されています。分銅の制度によってもクラスが7項目に分かれているほど、しっかりとした軽量を行っています。

分銅には有効期限が存在するので注意がいる

分銅のクラスはE1とE2、F1とF2、M1とM2、検定付き分銅というものがあります。E1が国際キログラム原器から日本キログラム原器に校正されたおもりです。このクラスには有効期限がないですが、精度の証明をするためにマニュアルに沿ってJCSSの校正周期を決め検査を受ける必要があります。そのためそれぞれのクラスで、有効期限が決まっており、大体1年から5年ほど左がありますが、その期間が短いほどやはりクラスが高くなっています。分銅の形状にも種類があるのを知っているでしょうか。エレベーターの試験や大型トラックのスケールに使用される鋳鉄製枕型分銅や食品や薬品などに使えるステンレス製の分銅などです。500キロから1000キロまでの重さがあり、おもりとしても企業向けの物など、他にもさまざまあります。使用用途によって合うものを選びましょう。