おもりのJCSS校正を採り入れるのはどんな会社の業種か

おもり JCSS
おもりの重さの正確性を保つために校正があるのはご存知でしょうか。おもりと言うと一番身近にある分銅を思われると思いますが、その分銅も使い続けるうちに目では見えない皮脂や手あかの付着、摩耗により削れ、分銅そのものの重さにズレが生じてしまうことがあります。その分銅で重さを測ってしまうと、正しい計測ができず正確性が失われてしまうのです。その狂いを正すために行われるのが校正です。その校正という操作を行うことで、計測器の正確性を維持することが出来るのです。定期的にメンテナンスをすることで、安心で安全な仕事となります。特に世界をまたにかけている企業にとっては、世界基準に準じた規格で測定していく必要があるのです。ここではJCSSの校正サービスについて述べて行きたいと思います。

JCSSの校正サービスを受けるメリットとは

分銅は物の重さを計量する時、はかりの基準になります。その分銅には正確性がもとめられるため、国家標準とのつながりが不可欠です。そのため誤差が生じないよう、計量法に基づいて認定の日本の校正事業者登録制度であるJCSSがあります。よってJCSS校正とはjcss制度により登録された業者にて校正することを意味します。JCSS校正を受けたおもりは、はかりとして、精度を維持し正しく機能することができます。例えば、一般の校正では流量を証明するための明確な値は存在しません。ですので、第三者に提示した時の信頼性が欠ける恐れがあります。しかし、JCSS校正した場合、基準を満たした認定事業者によって校正されますし、校正証明書を発行する事もできます。それにより信頼性を得ることができます。また、ISOの規格にも準拠しているので、国際的にも信頼されます。

校正サービスを受ける業界について

おもりの校正のようにJCSS校正をした計測器を用いている業種は沢山あります。例えば航空機に見られる重要なエンジンでのターボファンの製造などには、高精度の技術が求められます。このように製造業は高い品質を求められます。それに応えるために測定機器を行いますが、ISOなどの国際規格上、年に一度の校正が必須となっており、それにより品質管理が強化されます。ものづくり大国と名高い日本ですが、製造業界で失ってはいけないものが信頼性です。計測器や試験機に校正サービスを受けさせることで、日本製品における品質保証、信頼性を国際的に得ることができ、今後の業績にも繋がっていきます。日本の製造業をはじめとする様々な業界が世界で通用するのは、JCSSの校正サービスが影で支えてくれているのです。