JCSSのおもりの正確性を知っておこう

おもり JCSS
JCSSとはJapan Calibrarion Servicd Systemの頭文字をとったものであり、直訳すれば日本校正奉仕体系となりますが、ようするに校正サービスのシステムを作り管理している組織です。では何を校正するのかといえば、計器類であり、この場合の校正は計器類の狂い、制度を標準器と比べて正す事に当たります。どのような計器類にもいえることですが、おもりも正確である必要があります。ご家庭にある体重計が時の経過とともに微妙に正確性が無いと思うことや、他の場所で体重計を計ると、なぜか数値が違うという事があると思います。これはこれで困りますが、工業製品として使用されている物が、このような事があっては製品に問題がでてきます。これを正す為にJCSS認定機関を通し、検査修理を行って、日本水準の正しさに直します。日本水準といっても、世界の標準器に合わせていますので、実質世界標準となります。

JCSSはおもりの正確性を調べてもえる

おもりも定規も正確である上で、正確に計測することを重要視されますが、そもそものおもりや定規が間違っていれば意味は無く、JCSSでおもりの正確性を認定してもらうことで、安心して利用できるという事になります。JCSSはあらゆる測定器を調査修理してくれますが、それは25区分に分けられており、その全てを、すべての会社のものを行うというのはほぼ不可能です。そこで、各会社に調査の委託を依頼しています。おもりを調べてもらうには、おもりを取り扱う会社であり、JCSSに認定されている会社に依頼するというわけです。もちろんおもりを取り扱っていない会社でも、おもりを調べることができる会社があります。JCSSのHPにはこのような登録事業者の一覧がありますので、ぜひ頼ってみていただきたいです。登録区分と県を指定して検索ができるのでとても便利です。

JCSSのおもりは何か合った時に原因を少なくできる

JCSSの役割は計量標準供給制度と校正事業者登録制度の二つがあります。このJCSSの認定を受けることで、少なくともJCSSが認定している標準のおもりを使っているという証明になります。この基準を満たしている事を証明できることが、信頼に繋がります。何度も言いますが、どんなに正確におもりを使っていても、おもりそのものが狂っていれば、意味が無いという事です。品質管理は日本の製品は非常に評価が高く、どのような商品に対しても高い意識で行っている会社は非常に多いです。また何か問題が合った時に、どこでミスが起こったのかを調べる時に、この品質管理の高さが、調査のしやすさを上げていきます。少なくともJCSSで認可をもらったおもりを使っていることで、おもりそのものには問題はないと証明されています。ただし10年前の証明では信頼度は薄くなります。年単位で再度依頼をする必要があります。

当社のサービス概要は、取引に利用する電気機器の検定や検査を行い、電気標準等の維持、供給を行っております。 ターゲット層は、電気の取引に使用する電気機器の検定を必要としている企業や貸ビルやアパートを経営する個人です。 対象エリアは、北海道と東北と中部と北陸と関西と中国と四国と九州と沖縄地方で、それぞれ支社があります。 おもりのJCSS校正は日本電気計器検定所へ